【池辺雪子の倍加テク】レンジブレイクを狙ったFXトレード手法

baika

>>公開は終了しました<<

レンジ相場からレンジブレイクが起こってトレンド相場に変わると、値が急激に動くことが
知られています。

レンジブレイクが起こると、レンジ幅程度は簡単に動いてしまうことも珍しくありません。

逆向きのポジションを持っていると、あっという間に含み損が急増してしまい、見たくない
マージンコールがやってくるといった悪夢にもなりかねませんが、逆であれば短時間で巨額
の利益が得られるわけですから、これこそ大きなチャンスでさえあります。

「脱税主婦」で「前科持ち」といった紹介をされることもあるトレーダーの池辺雪子さんは
FXだけでなく株や商品先物などでも利益を出し続けてきた実力の持ち主ですが、このレンジ
ブレイクを活用したトレードのことを「倍加法」と呼んでいます。

倍加法はレンジブレイクが起こってトレンドが始まった時点でエントリーして、レンジ幅分
だけ値が動いたらクローズするという非常にわかりやすいトレードルールです。

しかし、実際に試してみると、倍加法はなかなか思い通りにはいかないものです。

レンジブレイクが起こったように思えても、再びレンジに戻るダマシが多いからです。

一旦レンジ内に戻ったのでダマシだと思って諦めていたら、再びレンジブレイクが起こって
今度は本物のトレンドが発生したといった具合に、値動きに振り回された経験があるという
人もいるでしょう。

最近ではダマシを仕掛けるトレーダーも少なくありませんから、カモが引っかかったら逆に
戻して稼ぐといった「相場操縦」を行っているといった噂はよく聞きます。

株式の相場操縦は犯罪(といっても捕まるのは個人ばかり)ですが、為替の相場操縦を取り
締まる機関はありませんから、相当な資金力さえあればやりたい放題できるわけです。

そこで、池辺雪子さんが倍加法を効果的にはたらかせるためのレンジブレイクの見極め方
マニュアルにまとめました。

それが「池辺雪子の倍加テク」です。

このページの先頭へ