【日経225オプション配信】生方茂樹氏が配信!1ヶ月完全無料のシグナル配信

op-mail

>>公開は終了しました<<

一時のブームの頃と比べると、特にスキャルピングトレードにおいてはメール遅延による
機会損失という致命的な欠陥があることから、シグナル配信数自体は減っています。

しかし、シグナル配信ブームの最中でも「日経225オプション」を対象としたのは、今回
の「日経225オプション配信」以外には見当たらなかったのではないでしょうか。

日経225オプション配信は生方茂樹さんが配信担当者となっており、東日本大震災直後の
2011年4月にマイナスを出して以降は、すべて月単位で利益を出し続けています。

2007年の運用開始以降、月単位でマイナスを出したのは計7回、日経225オプション配信
のスタート以降では2011年4月の1回のみです。

日経225オプション取引の場合、スキャルピングやデイトレードをしなくても、1日1回、
相場をチェックしてトレードするという程度で十分ですし、日経225オプション配信でも
常にマーケットを見るようなトレードは求めていません。

平日1日1回前後送られてくるメールの指示に従ってトレードをするだけで十分です。

最低15万円程度の資金があればトレード出来ますが、運用資金が多いほうがポジションを
持つにも余裕が持てますから、50~150万円ぐらいあったほうがいいでしょう。

日経225オプション配信では、「買い」だけでなく「売り」もやります。

「売り」といっても、買いと組み合わせてポジション合成をしますのでリスクは低いとは
いっても、本能的に嫌だという人もいるかもしれません。

「売り」は損失が無限大になるリスクがあるから危険といった説明がされますが、買いは
損失は限定的といっても、日経平均株価が暴騰・暴落しないと稼ぐのは難しいものです。

日経平均株価に波乱が起こったり、SQ直前だと比較的狙いやすいのですが、そうでない時
だと、なかなか期待できないものです。

このため、売りと買いを組み合わせてポジション合成を行って、有利なトレードができる
ようにしていくわけですが、やはり、相当なスキルが求められる
ものです。

そこで「日経225オプション配信」の指示が役立つというわけです。

このページの先頭へ