【不動産投資ロケット戦略】大空室時代到来前にスタートダッシュで1000万円稼ぐ

rocket

appli03_brack

不動産関係者の誰もが意識していることといえば、2040年代に到来が予想されているという
大空室時代」ではないでしょうか。

現状のままの人口減少が続けば、2040年には平均入居率が60%にまで低下するという予測も
ある中で、不良物件をつかんでしまうと家賃収入が得られなくなるだけでなく、売却する事
さえ難しくなり、長期にわたる「不良債権」として重くのしかかってくるわけです。

簡単にいえば、バブル崩壊後の状況が再び繰り返されると考えるとわかりやすいでしょう。

金融機関から融資を得て物件を買っていれば、家賃収入が減少することで、ローン支払いも
難しくなってくるでしょうし、返済できなくなれば物件差し押さえや破産、倒産という結果
にもなりかねません。

不動産投資で稼ぐどころか一文無しで借金漬けのまま、死ぬまで貧困生活を送ることになる
のです。

そのような悲惨な結末を迎えないようにするためには、スタートダッシュで一気に稼ぐのが
最適だというのは、住居系収益不動産投資コンサルタントの村田幸紀さんです。

村田さんは不動産投資家としても活動しており、地方の中古一棟ものを、地方銀行の融資で
購入するという手法で家賃収入累計1億円以上、必要経費やローン支払いなどを差し引いた
キャッシュフローでも累計1億円を稼げるレベルに到達しています。

しかし、地方の物件ほど大空室時代においては人口減少の影響を大きく受けることから不利
ではないかと思ったかもしれませんね。

そこを「不動産投資ロケット戦略」で一気に突き抜けるのです。
どのようなものなのか、以下の動画でチェックしてみましょう。

ゼロから一気にキャッシュフロー1000万円レベルに到達することで、次のステップに向かう
ことが非常に簡単になってきます。

【文章の続きを開く】

このページの先頭へ