【日経225先物リアルタイムシグナル配信】トレードは1日2回のみで慌てる必要なし

225signl

>>受付は終了しました<<

日経225先物リアルタイムシグナル配信」というタイトルに有るように、シグナル配信が送信
されてきたら、即座にトレードをしなければいけないのかと勘違いするかもしれませんね。

もちろん、スキャルピングトレードのトレード指示をメールで行うわけではありません。

とてもじゃないが、平日の昼間にトレードできるわけがないという人がほとんどでしょう。

日経225先物リアルタイムシグナル配信でトレード指示をだすのは、1日2回、12:30と16:30
の2回のみ
です。

12:30配信のメールでは主に日中取引を対象とし、16:30配信のメールではナイトセッションを
対象としています。

どちらも、エントリータイミングだけでなく、利益確定・損切りのポイントを明確に数字で指定
していますので、どのようにでも解釈できるような曖昧な言葉で誤魔化すようなことは一切なく
誰がやっても同じトレードが可能になります。

日経225先物リアルタイムシグナル配信では、日中取引、ナイトセッションの大引でポジション
を必ずクローズさせます。

つまり、ポジションをオーバーナイトさせることはありませんので、特に週末に起こる可能性が
高い金融危機の発生による暴騰・暴落などに巻き込まれる恐れはありません。

10日間は無料でお試し受信ができますので、その間にメールの内容や運用状況をチェックするの
はもちろんのこと、この日経225先物リアルタイムシグナル配信があなたの生活スタイルに合うか
どうかをチェックすることができます。

いくら利益が出せるシグナル配信だったとしても、トレードが出来なければ宝の持ち腐れです。

12:30と16:30にメールチェックが出来なければ、そもそも参加する意味もありませんし、取引の
仕方がわからないというのであれば、この間に勉強してなれておく必要があります。

このページの先頭へ