【FX逆張り乖離トレード法】陳腐化したトレード手法では稼げません

gyakufx

appli03_brack

相場の値動きというのは時期によって大きく異なります。

例えば、円キャリートレード時代のトレード手法が現在でも通用するかといったら、通用する
局面もあるかもしれないが難しいと答えざるをえません。

もちろん、株式におけるペアトレードのように相場の値動きに依存しないトレード手法もあり
ますが、一時的な相場特性に依存したトレード手法を身につけるよりは、汎用性の高い手法を
身につけたほうが長期間にわたって稼ぎ続けることが可能
になります。

FX逆張り乖離トレード法」は汎用的に稼ぎ続けることを目的としたトレード手法です。
FXトレードを対象としていますが、手法自体は現物株や先物などにも応用できます。

「FX逆張り乖離トレード法」という名前にあるように、トレンドを逆張りで狙っていきますの
で、値動きの乏しい揉み合い相場になってしまうと身動きが取れません。

しかし、1日の値動きのチャートを見てもわかるように、ものすごく狭いレンジで動いている
日は少なく、通貨ペアによっても異なりますが、それなりに値は動いていますからトレードが
できずに困るといった状態になることは少ないでしょう。

FX逆張り乖離トレード法は裁量判断が必要となり、トレード結果は人によって違いが出ます。
とはいえ、トレードルール自体はシンプルでわかりやすく、エントリーから利益確定・損切り
まで迷わずトレードできますので大きな違いが出ることはないでしょう。

トレードをするにあたってチェックするのは2種類のテクニカル指標のみですから、それほど
苦痛に感じることはないでしょう。

トレードチャンスは、1日平均で数回程度ですので待ち時間のほうが長く感じると思います。
値動きの乏しい日はトレードしないといった「裁量判断」をした方がいいかもしれません。

【文章の続きを開く】

このページの先頭へ