【侍マトリックスFX】攻めと守りで安定感があるFX自動売買システム

samurai

appli03_brack

為替市場は大きくトレンドとレンジの2種類に分けられますが、中にはレンジと値動きが
ほとんどない「揉み合い」を別物だとして区別する人もいます。

侍マトリックスFXでは揉み合い相場も含めてレンジ相場としていますが、バランスよく
「攻めのロジック」と「守りのロジック」が動くことで、低リスクながら安定的に利益を
積み重ねていく
という特徴があります。

「攻めのロジック」では、トレンド相場向けのロジックとレンジ相場向けのロジックとが
適切なタイミングで売買を行うことで、裁量トレードではなかなか難しいタイミングでの
売買も駆使しながら利益を積み重ねていきます。

しかし、どれだけ優秀なロジックだったとしても、トレード勝率100%にするのは不可能
ですから必ずと言っていいほどに含み損を持つポジションというのは発生します。

損切り千両とも万両ともいうように、いつかはプラスになるのではないかと思い悩むより
も、さっさと損切りして損失を確定したほうが次のトレードの準備をするためにもいいと
いう人もいますが、侍マトリックスFXでは「守りのロジック」としてナンピンロジックを
採用
しました。

もちろん、機械的に何pips損が出たらポジションを増やしていくといった前世代的な方法
ではコツコツドカンを呼びこむだけですから、含み益が出ているポジションと同時に決済
することで損失を相殺するだけでなく、諦めるのも早いというのがポイントです。

また、個々のポジションにはリミットとストップが必ず入っていますので、極端な損失を
被らないように安全装置が幾つも組み込まれています。

1回のトレードで2割も3割も資金を吹き飛ばしてしまっては、その後のトレードに甚大な
影響を与えかねません。

【文章の続きを開く】

このページの先頭へ