【トレンド・ストライクFX】トレンド相場で強さを最大限に発揮!

trendsfx

>>公開は終了しました<<

一般論として、全体の値動きのうち7割が揉み合いも含めたレンジ相場、残りの3割がトレンド
相場
だと言われています。

しかし、短い時間足のチャートではトレンドのように見えても、長い時間足ではレンジ相場の
一部分でしか無いといったケースは珍しくありませんから、この7割、3割という違いもあまり
当てにはならない
と言えるのかもしれません。

とはいえ、同じ時間足のチャートを継続的に追いかけてみると、やはり7:3という法則が当て
はまるのではないかといった具合に「相場の奥深さ」を感じると思いますが、やはりレンジ内
で揉み合っている時間の方がFXでも長いものです。

その合間に、経済指標が発表されたり、金融危機や災害、テロや黒田バズーカ砲などの材料が
出ると、大きな値動きが起こってトレンドが形成されることも珍しくありません。

一度相場が動き出すとカウンターも含めて大きく値が動きますから、しばらくはレンジ相場に
戻らないこともあって、普段はスキャルピングでコツコツ利益を積み重ねているトレーダーで
あっても、できれば大きなトレンドを一気に狙いたいと思うのではないでしょうか?

そこで、必要最小限のトレーニングでマスターできるスイングトレード手法である「トレンド
ストライクFX
」が役立ちます。

1回のトレードだけでも数百pipsの利益を一気に狙えるからです。

4時間足チャートを使ってトレードをしますので、チャートチェックも頻繁に行う必要がなく
スキャルピングと並行してトレードを行っても、ほとんど負担になりません。

チェックするテクニカル指標も移動平均線と、ドテン売買で使用することの多いパラボリック
の2種類のみですから、トレンド・ストライクFXではドテン売買は行いませんが、イメージが
何となくでも掴めるのではないでしょうか。

ポジションの保有期間は数週間から1ヶ月を超えることもありますので、スキャルピングなどに
慣れていると戸惑うかもしれませんが、トレード勝率70%程度であれば現実的に狙えますし、
オーバーナイトや週末跨ぎが不安であればレバレッジを下げてトレードをすれば安心です。

このページの先頭へ