【堀式株式投資術】30年の実績が裏付ける5種類の「勝利の方程式」

horikabu

>>公開は終了しました<<

あなたは30年前に何をしていましたか?
まだ生まれてもいなかったという人もいるかもしれません。

30年前の1985年頃といえばバブル経済が始まる前という状況でしたので、バブル崩壊までの
期間は大きく稼ぐのには最適な時期だったと言えますが、今のように株価は下がり続ける時期
もあるという認識が乏しかった時代ですので、再び株価は上昇基調に戻ると信じた多くの投資
家が破産していった時期です。

その後は長期間にわたって低調な取引が続き、復調が見られたのは2000年のITバブルですが、
1997年のアジア金融危機や、21世紀に金融危機が頻発する一方で、アベノミクス相場で急騰
するなど、株式トレードで稼ぎ続けることが難しい状況が続いています。

堀篤さんは証券会社の勤務経験があるだけでなく、企業役員として株式上場の際に立ち会った
経験もあり、投資経験は30年を超えるという具合に、さまざまな立場から株式に携わるという
珍しい人生を送っています。

堀さんもバブル経済や金融危機など、さまざまな出来事に振り回されてきたわけですが、安定
して稼げるようになった秘訣として「利益シナリオ」をあげています。

利益シナリオというのは、トレードルールと言い換えてもいいでしょう。
条件を満たしたらエントリーをしたり、利益確定や損切りをするといった流れです。

堀さんは30年間の投資経験を踏まえて、今までに5種類の「勝利の方程式」とも言える「利益
シナリオ」を編み出してきました。

  • 3ステップシナリオ
  • 十字線シナリオ
  • 穴埋めシナリオ
  • お宝ゴールデンシナリオ
  • 5ステップシナリオ

という5種類のシナリオです。

もちろん、机上の空論であったり、現在では通用しない陳腐化した内容ではなく、今でも現役
で堀さんが使い続けているものばかりです。

その5種類の利益シナリオを「堀式株式投資術」で全て公開しています。
1日30分程度の時間と、20万円以上の運用資金があれば始められます。

このページの先頭へ