【Android】ボラティリティから相場を予測!トレール機能付き1分足専用順張りインジケータ

android

appli03_brack

Android」といえばスマホやタブレット向けのOSを連想する人が多いと思いますが、辞書的な
意味としては「人造人間」となります。

人造人間といえば北朝鮮の第一書記を連想するかもしれませんし、古いところだとキカイダーや
ロボットチックなイメージを持っているかもしれませんね。

この人間のような感覚で、意思を持ったトレードが出来る「ロボット」ということで開発された
FXトレードシステムが「Android」ということになります。

ボラティリティの動きに合わせて相場の動きを予測し、トレードチャンスがきたらシグナル表示
で知らせるというシンプルなインジケータです。

基本的には順張りでエントリーしていきますので、元から相場が読めているのであれば関係ない
と言われるかもしれませんが、含み益が増えていくトレードになりますから、逆張りと比べると
精神衛生的には楽に取り組めるのではないでしょうか。

androidは1分足チャート専用のインジケータですから、スキャルピングやデイトレード、短期
スイング向けに最適だと考えて問題ありません。

ドテン売買をすることもあれば、全くポジションを持っていない状態でエントリーを行って利益
確定や損切りを行うこともあります。

androidではトレール機能を搭載していますので、含み益が膨らんだ後に再び縮んで損切りする
というモッタイナイ結果になるケースはゼロとはいいませんが、非常に少なくなっています。

ただし、トレードチャンスが少なく、待ち時間のほうが長くなる傾向があります。
androidだけでチャートを監視していると退屈に思えるかもしれません。

他のトレード手法と併用するか、ON THE EDGE Premiumなどandroidと他のロジックを同時に
稼働させるタイプのインジケータを使ってトレードチャンスを増やすといいでしょう。

【文章の続きを開く】

このページの先頭へ