【Platinum Kubera FX】6種類のロジックでポートフォリオ運用

appli03_brack

Platinum Kubera FX」は6種類のロジックをポートフォリオ運用することで、運用成績の
安定化を図ったトレードシステムです。

通常は、シグナルが出たらエントリーや決済を行うシグナルツールとして使えますが、無料の
付属EAツールを使うことで自動売買システムとしての運用も可能です。

なお、自動売買をする場合にはFX業者の指定がありますので、必要に応じて検討するといいで
しょう。

さて、「Platinum Kubera FX」では以下の6種類のロジックが動いています。

  1. 短期順張り
  2. 中期順張り
  3. レンジ逆張り
  4. 短期的に大きく動いた後の戻りを狙う逆張り
  5. 中期的に買い・売りが偏った状態からの戻りを狙う逆張り
  6. トレンド転換

シグナルはロジックの番号と同時に表示されますので、どのロジックによるものかがひと目で
分かりますし、エントリーのシグナルが出た際にインジケータ上に損切り用のストップの値が
表示されますので、エントリー後に逆指値注文を入れておけば損切りし忘れる心配もなくなり
安心です。

なお、それぞれのロジックの詳細は「Platinum Kubera FX」付属マニュアルで詳しく説明
していることから、シグナルを参考にした上で、裁量判断を用いてトレードをする際に役立ち
ます。

「Platinum Kubera FX」を使い続けることで各ロジックの癖もわかるようになってきますの
で、ロジックの弱点を理解して、この時はシグナルが出てもエントリーをしない方がいいとか
決済のシグナルが出ても、もう少し利益を伸ばしたほうがいいと言った具合に判断できるよう
になります。

もちろん、根拠のない適当な思いつきと裁量判断とは別物ですから、何となくシグナルを無視
したほうがいいなどの判断でトレードをすると痛い目に合いかねませんので注意が必要です。

【文章の続きを開く】

このページの先頭へ