【株式投資Q&A】バフェットの考え方とバリュー投資が基礎からわかる

kabuqa

>>公開は終了しました<<

株式トレードの方法は一つだけではなく、いろいろと存在します。

テクニカル指標から売買タイミングを判断する一般的なトレードから、ファンダメンタル、
IPO狙いなどといった具合に、さまざまです。

その中でも、「世界一の投資家」と言われているウォーレン・バフェット氏が行っているの
が「バリュー投資」です。

しかし、一般的に考えられているような、「バリュー投資」と「グロース投資」は別物など
といった考え方をバフェット氏は否定しています。

「バリュー投資」と「グロース投資」は、突き詰めて考えれば同じものだとバフェット氏は
考えています。

つまり、バフェット氏の考える「バリュー投資」では、狭義の「バリュー投資」だけでなく
同じく狭義の「グロース投資」の考え方も含まれていると考えると理解しやすくなるのでは
ないでしょうか。

齋藤和也さんは、株式投資で成功するためには「意思決定のための適切かつ知的なフレーム
ワーク」が必要だと考えて、バフェット氏の「バリュー投資」を勉強・研究して、バリュー
投資家として自立して稼げるようになったといいます。

そのバリュー投資の本質をまとめたのが「株式投資Q&A」です。

単にバリュー投資を理論的に学びたいというのであれば、amazonなどで売られている書籍を
買って精読すれば済む話ですが、ほかの書籍に載っていない情報を齋藤さんが独自に集めて
「株式投資Q&A」に反映しています。

例えば、

  • バフェット氏が株主総会で語ったこと
  • バフェット氏が師匠であるグレアム氏の会社で徹底的に学んだもの
  • 20代~30代のときのバフェット氏の投資手法
  • 2012年版の「バフェットから株主への手紙」を読む

といった内容は、断片的には書籍や雑誌、ネット上で見つけられるかもしれませんが、全て
をまとめて知ることが出来る機会というのは見つけられないものです。

このページの先頭へ