【せどりに特化した税金セミナー】合法的に節税するほうが有利!

appli03_brack

せどり・転売ビジネスで稼いだお金というのは、全額が自分のものになるわけではないと言う
と何だか嫌な気分になるかもしれませんが、サラリーマンが受け取る給料も天引きされている
ために気づかないだけで、実際には税金として一部が徴収されています。

先に取られるか、後から納めるかの違いでしかありません。

後から税金を納めるぐらいだったら、手元にお金が多く残るように金額を少なく見せかけよう
とか、面倒くさいから無視しようと考える人もいますが、税務署もバカではありませんので、
何年後かはわかりませんが、税務調査を行った後、不足分を罰金付きで徴収していきます。

税務調査が厄介なのは、税金の不足分が徴収されるというだけでなく、連動して健康保険料や
所得に応じて金額が決まっている行政サービスの使用料が増額になったり、サービスを受ける
資格を失うケースも出てくる
という点です。

サラリーマンの場合は、厚生年金や国民健康保険以外の健康保険については、サラリーマンの
給料のみが計算の対象となるため、せどりで本業以上に稼いでいたとしても負担は1円も増え
ません。
一方、例えば、保育園を利用している際に所得制限が課せられている場合には、所得が多いと
負担が増えたり、入園資格を失うといったデメリットを被る恐れも出てきます。

このため、違法な脱税をするのではなく、可能な限りの節税を合法的に行うことで、納税額を
減らしつつ、行政サービスを受ける時などに不利益を被らないようにする必要
があります。

そこで役立つのが「せどりに特化した税金セミナー」です。

転売ビジネスに詳しいベンチャーサポート税理士法人代表の森健太郎税理士が3時間で税金に
関する悩みを解決できる動画セミナーを作成しました。

【文章の続きを開く】

このページの先頭へ