【波動研究トリプルデルタ最小公倍数投資法】暴騰銘柄を事前に発見

appli03_brack

株式専業トレーダーの未来優希さんは、20年以上のトレード経験から、株価が暴騰する銘柄に
共通する「3種類の波動パターン」があると指摘します。

この波動パターンに従って銘柄をチェックすることで、株価が暴騰するタイミングを予測して
事前に仕込めるようになる
と未来さんは言います。

わざわざ、真偽の分からない仕手筋からの特殊情報などに頼らなくても、この波動パターンを
知ってしまえば暴騰する前に仕込んで、株価が噴き上げた後に余裕で決済して、大きな利益を
得ることができる
わけです。

しかし、そんな都合のいい話があるものかと思っていませんか?

それを可能にするのが「波動研究トリプルデルタ最小公倍数投資法」です。

どのようにして暴騰する直前の銘柄を見つけるのかをいう方法をマニュアル内で説明している
だけでなく、マニュアルのとおりに作業を行っていると手間と時間がかかることから、作業を
省力化するExcelファイル形式の「噴き上げ銘柄抽出ソフト」も付属しています。

噴き上げ銘柄抽出ソフトを使って暴騰寸前の銘柄を見つけた後に、適切なエントリー、決済の
タイミングでトレードを行って利益を得るという流れになります。

暴騰する見込みの銘柄がわかったとしても、エントリーが出遅れてしまうと、ある程度、株価
が上昇してからのエントリーになることから獲得利益が大幅に減りますし、決済が遅くなると
含み益が減るだけでなく、早すぎると機会損失になるという厄介な問題
が生じます。

これらの問題を解決するために、波動研究トリプルデルタ最小公倍数投資法のマニュアルでは
適切なトレードタイミングについての説明も行っていますが、常時、チャートを監視して最高
のタイミングでなければいけないといったものではなく、株式市場が開いていない夜間や週末
などにチャートなどをチェックして判断すれば十分
です。

【文章の続きを開く】

このページの先頭へ