【渋谷高雄の空売りセミナー】FXや先物では当たり前のトレードなのに・・・

karauri

>>公開は終了しました<<

FXや先物であれば、買い(アスク)と同じように売り(ビット)からエントリーすることも
珍しくありませんが、株式で同じことをしようと思ったら「空売り」などといった仰々しい
名前に驚いたかもしれません。

「空売り」は諸悪の根源

人の不幸を喜ぶ卑しい稼ぎ方

などという人もいるので何かと誤解をされやすいのですが、株価が暴落して泣いている人の
横で喜んでいるわけではなく、株価が下落すると予想して空売りをして予想通りに下がって
儲かった
わけですから、損した人を引き合いに出すのはミスリードを誘っているようにしか
思えません。

株価が上がって喜んでいる人の隣で、空売りしている人が泣いているのも同じ意味ですが、
空売りを非難する人々が全く黙殺しているのは明らかにおかしいわけです。

自らの都合のいいことだけを選んで大きな声で騒ぎ立てるというのは、正確な理解を妨げる
だけでなく、かえって害悪にしかなりません。

サヨクやネトウヨ、プロ市民といった具合に、社会正義を掲げる人たちの間でも陥りやすい
「思考回路」ですから通常以上に冷静な心理状態を維持しないと稼ぎ続けるのが難しい株式
投資の世界では、トレード手法だけでなく、思考の罠に陥らないことが重要です。

話がそれましたので元に戻しましょう。

「安い時に買って高い時に売る」というのが株式で儲けるためのポイントですが、空売りを
使えば「高い時に売って安い時に買い戻す」という真逆の方法で稼ぐことも可能です。

「株価が高い時に売る」ためにはどうすればいいのでしょうか?

安いと思って買った株が下落し続けたり、高いと思って空売りした株が上昇し続けるなどと
いった状況では、まったく値動きが読みきれていません。

そこで、トップトレーダーズ最高投資責任者の渋谷高雄さんが「空売り」で稼いだり損失を
減らすための具体的な方法をまとめた「渋谷高雄の空売りセミナー」が役立ちます。

信用口座を開設すれば、空売りができるようになるだけでなく信用取引でレバレッジを使う
ことができますが、必ずしも使わなければいけないといった決まりはありません。

レバレッジ1倍以内で空売りをしても構いませんし、信用買いではなく現物買をしてもいい
のです。(現物の空売りはできないからこそ信用口座を開いていることはお忘れなく)

このページの先頭へ