【山本伸一の黄金株発掘法】割安株を見つける方法は3種類!

augonkb

appli03_brack

今まで値動きがほとんどなかった銘柄が急騰して株価が上昇し続けるといった光景をあなたも
見たことがあるかもしれません。

その中には、仕手株のように違法な相場操縦を行って株価が急騰したというケースもあれば、
業績を急上昇させる情報が企業から発表されたり、企業合併や単なるマネーゲームだったりと
さまざまな原因があるものです。

もちろん、相場操縦による値動きであれば、時間が経てば元の値動きが起こる前の株価水準に
戻るケースがほとんどですが、急騰した後に調整が入っても高値で安定する銘柄も少なくあり
ません。

このような銘柄を急騰する前の段階で仕入れることができれば大儲けできることは言うまでも
ありませんが、バリュー投資やグロース投資のようなことができるかというと難しいと感じて
いるのではないでしょうか?

この銘柄は割安だと思って購入しても、いつまでも株価が反応せずに塩漬け状態になっている
ケースというのは意外に多い
ものです。

資金的に余裕があれば、いつまで寝かせておいても問題ないわけですが、資金を効率良く運用
するという観点から考えれば不満を感じるのではないでしょうか。

FXや先物でスキャルピングやデイトレードをしている方がポジションを持って資金をリスクに
晒す時間を減らせるのでマシといった考えの人も増えています。

そこで証券ディーラーとして30年近い実績を持つ山本伸一さんが、今後、株価が上昇する可能
性が高い銘柄を簡単に見つけ出す方法をマニュアルにまとめました。

それが「山本伸一の黄金株発掘法」です。

今後、株価上昇が期待できる「黄金株」を山本さんは大きく3種類に分類しています。

  • 中長期にわたって株価上昇が期待できる「安定資産株」
  • 高い水準の現金と収益力でも評価されない「割安キャッシュリッチ株」
  • 財務リスクを上回る高成長が期待できる「高成長ハイグロース株」

バリュー投資とグロース投資を組み合わせて、塩漬けにならないように銘柄選定を行っていく
というスタンス
です。

マニュアルに従って、付属の「理論株価計算シート」や「オリジナル理論株価計算シート」を
使うことで、手間と時間をかけることなく黄金株を見つけ出すことができます。

【文章の続きを開く】

このページの先頭へ