【タックス・コンプリート】ネットビジネスの稼ぎを合法的に節税する方法

taxcomp

appli03_brack

ネットビジネスで稼いだお金というのは、全ての副業で年間20万円を超えなければ確定申告を
しなくても放置して良いと言われていますが、その対象となるのは、年末調整を行った会社員
だけです。

もちろん、自営業者であれば、たとえ稼ぎが0円でも確定申告をするでしょうから、副業分も
まとめておけば十分ですし、収入が少なく確定申告が不要な人でも、区市町村役場などへ申告
が必要な場合がありますので注意が必要です。

これらの確定申告の手続きを面倒くさいとか、納税するのが嫌だからといった理由で放置して
いると、税務調査で「罰金」分も含めて追徴課税されるわけですが、一般的なイメージにある
ように巨額の脱税者だけでなく、数千円や数万円といった少額の「脱税」でも摘発する場合が
増えています。

税務調査が来たら徹底抗戦すればいいといった人もいますが、拒否すれば懲役刑や罰金だけで
なく前科もつきますので、よほど巧みに取り組まないと税務調査を撃退するのは難しいのでは
ないでしょうか。

いわゆる「キチママ」などのように自分だけに好都合な屁理屈ばかりを何時間も都合よく話し
続けられる性格の持ち主でないと難しいかもしれません。

このような面倒くさいことに労力を費やすのであれば、合法的に節税して確定申告をした方が
金銭的には納税額分だけつらい思いをするとしても、精神衛生上、気楽に過ごせます。

そこで、元公認会計士であり、現在はネットビジネスで生計を立てているという福島哲也さん
が、ネットビジネスの稼ぎをどうやって節税すればいいか、マニュアルにまとめました。

それが「タックス・コンプリート」です。

税理士に全て頼めば、お気楽簡単だと思いがちですが、一口に税理士と言っても個人によって
得意分野・不得意分野というのが存在します。

ネットビジネスなんて存在も知らない高齢の税理士に依頼すると、合法だけど全く節税せずに
確定申告の手続を済ませてしまうといったケースは珍しくありません。

これでは、非常にまずいのです。

【文章の続きを開く】

このページの先頭へ