【土屋賢三のシステムトレード講座】あなたの知る「システムトレード」とは違います!

strade

appli03_brack

システムトレード」に対して、あなたはどのようなイメージを持っていますか?

裁量トレードの反対語といったイメージを持っているかもしれませんし、インジケータを使って
シグナルに従ってトレードを行うツールや手法といったところかもしれません。

しかし、このような「システムトレード」と呼ばれている物は、金融機関でシステムトレードに
携わるITドカタ、システムエンジニアやトレーダー、専門家の中では「パターン認識モデル」と
呼ばれており、システムトレードの中でも異端児扱いされています。

むしろ、システムトレードの主流となっているのは「マルチファクターモデル」です。

株式は株式だけで独立しているわけではなく、為替や先物、実態経済などの影響を受けますし、
為替も株式市場の暴落や暴騰、金融機関や国家財政などの動きによっても大きく動きます。

このように、それぞれのマーケットが需要と供給だけに従って、ランダムウォークに動いている
ように見えても、複数のマーケット間で相互関係にあることの方が多い
のです。

それを、FXならFX、株式なら株式といった具合に、一つの世界だけに閉じこもって、テクニカル
指標などを使って値動きを見るパターン認識モデルだけでは視野が狭すぎるために、どうしても
うまくマーケットの値動きについていけなくなり、例外が無い方が望ましいシステムトレードの
世界では対応できなくなるというわけです。

パターン認識モデルだけでなく裁量も入れて総合的に判断するトレーダーもいますが、システム
トレードで裁量を入れずに稼ごうと思うのであればマルチファクターモデルを知っておくことが
重要になります。

そこで、個人では学べる機会が少ない本物のシステムトレードをプロのシステムトレーダーから
学べるのが「土屋賢三のシステムトレード講座」です。

以下の動画のような流れで、700分近くの動画を用いて基礎から応用まで徹底的に学べます。

【文章の続きを開く】

このページの先頭へ