日経225先物で勝ち組トレーダーになるための「1つの法則と4つのステップ」

225win

appli03_brack

日経225先物だけに限らず、稼げるトレード手法を身につければ勝ち組トレーダーになれると
考える人が少なくありません。

だからこそ、「稼げる」と言われるトレード手法を見つけてきては実践して、うまくいかない
のであれば新たなトレード手法を探すといった具合に「負のスパイラル」に陥っているのでは
ないでしょうか?

稼げないから不採用なのは当然
といった考え方で、次から次へと乗り換えているのかもしれませんが、常に右肩上がりで勝ち
続けるようなトレード手法などは存在しない
ということを忘れてはいけません。

実際に右肩上がりで資産が増え続けているトレード手法やシステムが存在しているじゃないか
とバックテストやトレード結果を片手に言いたくなるかもしれませんね。

ナンピン・マーチンゲールシステムの場合は説明するまでもないと思いますし、ごく限られた
トレードチャンスだけに絞り込んでトレードをするのであれば100%近い確率で稼げるように
なるでしょう。

しかし、トレードチャンスが中々やって来なかったり、利益確定が早すぎて資産が増えにくい
といったケースも多いのです。

日経225先物やFXのシステムやシグナル配信、トレード教育などを行うトレードマスターラボ
の担当者は、これらの勝てるトレード手法だけに目を奪われてしまって、これらの影に隠れた
「盲点」が存在していることを忘れてはいけないと指摘をします。

その盲点といえるのが、運用管理方法です。

つまり、トレードする時点で、どれだけ買うか・売るか、レバレッジをどれくらいにするのか
といった観点が不十分だと、少し想定と逆に動いただけでマージンコールが来たり、強制決済
されてしまい、一文無しどころか巨額の損失を抱える結果になりかねません。

これまでのトレード勝率が90%を超えていたとしても、1回の損失で全財産を吹き飛ばすよう
なケースは決して珍しいことではありません。

だからこそ、トレード手法だけでなく運用管理方法も身につけなければ、勝ち組トレーダーと
して日経225先物で稼ぎ続けることは、よほどの幸運が続いても不可能に近いでしょう。

【文章の続きを開く】

このページの先頭へ