【満室アチーブメントプログラム】空室対策は力の入れどころが重要!

kusitu

appli03_brack

空室対策というと、家賃の値下げやリフォーム、リニューアルという具合に短絡的に考えがち
ですが、優先順位を持って空室対策に取り組まなければ、思ったほどの効果は得られません。

優先順位を無視して、あなたの思うように空室対策を進めていっても全く効果が無いどころか
逆効果にさえなるケースもあるわけです。

不動産管理会社に勤める、サラリーマン大家で宅建主任者の一木彰弘さんは、最低限の知識と
行動力さえ持ち合わせていれば十分
だと言います。

ノウハウコレクターのように知識を増やすことだけを喜びに感じて、何も実践しないというの
では意味がありませんし、評論家になって他人事のように不動産管理会社に文句をいうだけと
いうのは、あなたの評価を落とすだけの最悪な態度ですから止めたほうがいいでしょう。

それでは、どのような順番で空室対策を行うと、最も高い効果が得られるのでしょうか?

一木彰弘さんが今までの実績を元にして「満室アチーブメントプログラム」というマニュアル
にまとめました。

不動産会社との付き合いが重要な事は言うまでもありませんが、業者に媚びすぎるのではなく
嫌われないようにしながらも、あまりにレベルが低ければ別の業者に切り替えるなどのクール
な一面も必要です。

しっかりと入居者を見つけてくる業者と付き合っていれば、無理なリフォームや家賃値下げを
する必要もなくなりますし、不良入居者が入ってくる可能性も下げることが出来ます。

もちろん、不動産会社に手抜きをされないように、抑えるところは抑える必要があります。

なお、インターネットを使った低コストの集客方法を知りたいのであれば、別のマニュアルを
読んだほうがいいでしょう。

【文章の続きを開く】

このページの先頭へ