【フィリピン不動産投資塾】先行募集では瞬時に満員!「ガチガチインサイダー888」一期生

insid888

>>受付は終了しました<<

フィリピン不動産投資塾「ガチガチインサイダー888」一期生の一般募集が開始しています。

これに先立って2月10日まで一部の人を対象に先行募集が行われていましたが、あっという間に
満員御礼となる状況でした。

今回の一般募集は2月末で募集終了の予定になっているといいますが、状況によっては早期終了
する可能性もあるかもしれません。

フィリピンというと、かつては東南アジアでは新興国の一つだったのが、政治混乱で衰退して
しまい、今では貧乏な農業国といった先入観があるかもしれません。

貧富の差が激しく、出稼ぎフィリピーナは日本でも数多く見かけますし、治安は今でも良いと
はいえない状況ですが、ここ数年は東南アジア全体が注目される流れに合わせて、フィリピン
にも開発の波が押し寄せていることから、再び成長軌道に戻っている
のです。

だからこそ、日本の高度成長期のように、地価が日を追う毎に上がり続けるというインフレの
状況になっていますので、フィリピンの国民からすれば厳しいかもしれませんが、不動産投資
という観点からすれば、寝ているだけで稼げるという理想的な状況になっているのです。

中国・韓国が最盛期の天井から下降線を辿ろうとしていますし、日本の例を見るまでもなく、
新興国の経済バブルが崩壊するまでは地価は上がり続ける傾向がありますから、フィリピンで
今から不動産投資を始めるにしても、いくらでもチャンスが有る
というわけです。

日本と比べると当然ですがフィリピンの地価は非常に安く、フィリピン不動産投資塾での先行
事例でも、軽自動車を1台買うぐらいの値段で物件が手にはいります。

100万円前後を一括して支払うのが難しければローンにしても構いませんし、ローンを払う間
でも地価はどんどん上がり続けるので、転売益でローン残額を全て支払えるだけでなく、手元
にお金が残るケースも当たり前のように発生しています。

フィリピンでの物件探しや金融面などの手続きは東京銀座にある投資コンシェルジュサービス
の株式会社TakeTheFrontierが全て行いますので、あなたはすべての手続を日本で済ませる事
が可能です。

今後も販売される予定の物件は数多くありますし、すでに値上がり益が約束されているものも
少なくありません。

このページの先頭へ