【間違いだらけ?の投資用不動産選び!】不動産投資初心者が陥る間違いを事前に回避!

matigai

appli03_brack

誰しも初めてのことに対しては、慣れ親しんだことに取り組むよりもミスやエラーが多くなる
傾向が見られます。

だからこそ、「最初が肝心」などと言われるわけですが、最初で失敗してしまうと取り返しが
つかなくなる危険があるのが不動産投資です。

不動産投資と一口に言っても、地方の小型の物件であれば小型車を買う程度の値段で手に入る
場合もありますし、首都圏のマンションを一棟買いしようと思ったら最低でも億単位の金額が
必要です。

いくら不動産投資だと言っても、過去に何も実績がない状態で、いきなり何十億円もローンで
貸し出してくれる金融機関はありませんから、買える物件というのは限度がありますが、融資
満額まで借りきって購入した物件で失敗すると、その後は何もできなくなります。

物件を売却しても巨額のローンが残ってしまい、ローン返済の目処が立たないといった状況に
追い込まれるのです。

こういった状況になると、前途を悲観して自殺に走るという投資家が少なくありません。

投資の失敗は自己破産しても免責されないのが一般的ですが、返済できないという現実は残り
ますから、裁判官の判断によって一部だけ負債を残して免除にするか、金融機関と任意整理を
するように仕向けられるといったケースが多いようです。

誰しも、一刻も早くゴールに辿り着いて、将来に不安のない富裕層生活を味わいたいと考える
わけですが、スタートから急ぎすぎると失敗して一生を棒に振ることにもなりかねません。

あなたの投資スタンスによっては、大して儲からない物件であったとしても低価格で購入する
ことができる物件を最初に買って経験値を増やすというのも一つの選択肢
です。

もし失敗しても、給料や他の収入から補填できるレベルに抑えるというのも一つの考え方だと
言えるでしょう。

間違いだらけ?の投資用不動産選び!」を読めば、表面的な見栄えの良さに隠れたリスクを
知った上で、あなたにとって最も最適な不動産投資をスタートすることができます。

【文章の続きを開く】

このページの先頭へ