【トレンドラインpro】自動的にインジケータに引かれる適切なトレンドライン

tprofx

>>公開は終了しました<<

ライントレードというのはシンプルなようでいて、実際に取り組んでみると意外に難しい
ものです。

過去のチャートにトレンドラインを引くというのは極めて簡単に感じられるものです。
あなたも練習をした時には、あまりに簡単すぎて呆れるほどだったかもしれません。

しかし、ライブチャートでトレンドラインを引いてみて、しばらく時間がたってから再度
チェックしてみると、意外にズレていることに気づくのではないでしょうか。

ライブチャートでトレンドラインを正確に引こうと思えば、今までの値動きだけを見るの
ではなく、これから先の値動きを予測する必要がある
ことから、過去のチャートを用いて
練習した時とは違って難しく感じられるのです。

もちろん、今までの値動きと同じように未来も動くとは限りませんし、いきなり反対方向
に動き出すことも無いとは言い切れません。

そこで、トレンドライン、サポートライン、レジスタンスラインの3種類をインジケータ
上に自動的に描画する「トレンドラインpro」は、ダウ理論を基礎に置いています。

ライントレードが得意な開発者がトレンドラインproを作成したこともあって、あなたを
大きく上回るといったら失礼かもしれませんが、非常に高いレベルで正確にラインを描画
する
ことに驚くと思います。

複数の時間足のチャートを見なくても、あなたがトレードに使っている時間足チャートを
みるだけで十分です。

ラインが引かれた後、時間がたって有効性が無くなったラインは自然に消滅します。
リペイントで消えるのとは異なり、有効性が失われるまでは描画し続けますからラインが
表示された時点でトレード判断に使用することができます。

トレードタイミングはラインブレイクが起こった時が一般的です。
インジケータ上にもシグナルの矢印が出ますが、ダマシの可能性もありますのでライン
とあわせて確認することで正確なトレード判断が行えます。

このページの先頭へ