【区分不動産で作るキャッシュポイント構築法】一棟買いが怖ければ区分物件を選べばいい

kubun

appli03_brack

区分物件を買うのは愚か者がすることだ
といった考え方が、現代の不動産投資では主流です。

その理由は簡単で、一棟買いと比べて自由度が低い割にはメリットが乏しいからです。

しかし、物件によっても必要な価格は異なりますが、一棟買いをしようと思ったら大都市で
あれば億単位の費用がかかることも珍しくありません。

地方の小規模物件でも数千万円といったところが相場でしょう。

フルローンで融資を受けられたとしても、情勢の変化などで返済に失敗した時の事を考える
と、常に強いプレッシャーを抱えてしまうのではないでしょうか。

もちろん、低価格の物件もありますが、過疎地の中古の一戸建てだったり、数戸のアパート
といった具合に、不動産投資初心者の練習台としてはいいかもしれませんが、投資妙味には
欠ける物件が少なくありません。

これぐらいのプレッシャーに負けるぐらいであれば不動産投資なんてやらないほうがいい
切り捨てる不動産投資家もいますが、不動産投資に失敗したら死ぬまで負債を抱える生活に
なる可能性があるわけですから、精神論だけで人生を左右するのは危険でしょう。

そこで、低コストで取得できる区分不動産にもっと着目したほうがいいとアドバイスをする
のはサラリーマン大家さんの萩原寮さんです。

しかし、ここでハードルとなるのが区分不動産が持つデメリットです。

一棟買いとは異なり、物件全体のリニューアルといったこともできませんし、空室が出たら
新たな入居者が現れるまでは収入が途絶えるといった問題点を無視することはできません。

物件を買うにあたっても区分不動産では融資が得られないケースが珍しくなく、キャッシュ
で買える富裕層でなければ難しいといった問題点もあります。

そこで、これらの区分不動産のデメリットを克服する方法を萩原さんが考案しました。
それが「区分不動産で作るキャッシュポイント構築法」です。

机上の空論ではなく、すでに萩原さん自身が実践して収益を安定化させている方法です。

【文章の続きを開く】

このページの先頭へ