【うねりPro2013】使い方が悪ければ大怪我するFXナンピン型EA

uner2013

appli03_brack

ナンピンマーチンゲールというのは、使い方を間違えると、一生かかっても返済できない
ほどの借金をもたらす厄介者です。

しかし、破綻さえしなければ、損失を上手く相殺してくれるというメリットを忘れてはいけ
ません。

このため、資金管理さえしっかりとできればナンピンやマーチンゲールを毛嫌いする必要は
ない
と思います。

もちろん、親の遺言で「難平をするな」などと言われている人までしろとは言いませんし、
FX未経験者や初心者だと、ほぼ確実に失敗しますから厳禁です。

また、稼げるようになってきたというレベルのFX中級者であっても油断しやすい傾向がある
ことから、推奨するとまではいいません。

ナンピンやマーチンゲールを選択肢の一つとして考えてもいいのではないかというスタンス
です。

自動売買システムでナンピンを使う場合も同様です。

資金管理がしっかりとしていないと、含み損が資産の数十パーセントで全精算などといった
単純なルールでは、ないよりはマシですが、資産を吹き飛ばすだけに終わるものです。

そこで、ナンピンにこだわりバージョンアップを続けている最新版の「うねりPro2013」に
おいては、更なるカスタマイズが行えるようになりました。

レンジ相場で起こる「うねり」を活かして利益を狙っていきますが、レンジから外れた動き
を見せて含み損が増えてくるとナンピンで損失を無くす方向にトレードが切り替わるという
のがロジックです。

うねりPro2013では、ナンピン回数、幅だけでなく、マーチンゲールを行うための係数など
も設定できるようになりました。

さらに、ポジションを週末や月末などの指定した時間に強制決済することで塩漬けの発生を
予防するといった機能も役立ちます。

これらの中で、どの機能を使って、どのようにカスタマイズするかはあなたの裁量です。

自分自身である程度のトレードシナリオが作れないと、うねりPro2013を買っても使えない
といった結果に終わりかねません。

【文章の続きを開く】

このページの先頭へ