【ウハウハ大家養成テスト】家賃収入を最大化させるための秘訣とは?

uhaoya

>>公開は終了しました<<

不動産投資で重要な要素の一つが「空室対策」です。

見積もり段階では「極めて優良な収益物件」だったとしても、入居者がつかなければ家賃収入は
入りませんから、今どき地価の値上がりを期待するわけにもいかず、赤字になるのは確実です。

だからこそ、所有物件が満室であることが望ましいわけですが、入居率を上げることばかり重視
して家賃をダンピングしすぎるのは問題ですし、統計的事実としての話ですが、家賃を低くする
ほどに不良入居者が増える傾向が見られますから、踏んだり蹴ったりの結果になりかねません。

それだったら物件をリニューアルしたほうがいいのではないかと思っているかもしれませんが、
あなたの所有物件の近くにある競合物件を観察してみると、なぜか満室という状況になっている
というケースも少なくないものです。

競合物件とは条件的には似通っているのにも関わらず、どうして入居率に大きな違いが生まれた
のか理由がわからずに困っている大家さんも多いのです。

その理由の一つとして言われているのが、賃貸業者に嫌われているというポイントです。

意図的にエコひいきをする業者もいれば、表面上は全ての大家さんを平等に扱う業者もいますが
実際の物件斡旋状況を見ていると、明らかに違いが出ているというケースも多いものです。

それだったら賃貸会社の営業マンを読んできて説教すれば解決するとか、別の業者に乗り換える
といった具合に脅せばいいと考えるかもしれませんが、不動産屋も横柄なところが多いですから
逆効果になる場合が多いものです。

かといって、変に下手に出ても意味がありません。
むしろ、不動産業界の仕組みを知った上で、うまく立ちまわる事を考えたほうがいいのです。

この不動産業界のカラクリを教えてくれるのが、東大阪市で不動産屋を営む不動産投資家の江本
圭伸
さんです。

ウハウハ大家養成テスト」というユニークな切り口で一問一答形式で学ぶことが出来ます。

このページの先頭へ