【五億道】日経225先物ミニではじめる5年後に5億円への道

5okudou

appli03_brack

資産運用と言ったら株式やFXトレードなどを思い浮かべるかもしれませんが、日経225先物
トレードが有利なことは意外に知られていない
ものです。

株式での銘柄探しやFXでの通貨ペア選びなどで迷う一方で、日経225先物であればラージか
ミニの2種類しかありません。

ラージとミニはトレード状況によって異なるケースは有りますが、値動きは似ていますから
実用的には「ほぼ同じもの」だと考えても差し支えありません。

株式でもETFを使えば同じことではないのかと思うかもしれませんが、先物であれば買いと
売りが自由に行えるの対し、現物扱いとなるETFでは空売りするために信用口座を開設する
必要がある上に、レバレッジも先物と比べると微々たるものです。

なお、先物取引の損益に関して確定申告を行う必要がありますが、現物であれば特定口座や
NISAを使うことで、他に副業などをして稼いでいなければ確定申告は不要です。

利益に対する税率でいえば、株式の10%軽減税率が廃止されましたし、FXに関しても先物と
同様に申告分離課税になりましたから、所得税のように稼ぎが増えるほどに税率が上がると
いった不利益を被ることはなくなりました。

さて、少し話がそれましたので、日経225先物についての話に戻しましょう。

株式やFXなどと比べて知名度が低い日経225先物ですから、書店に行っても良質な入門書と
呼べるものは極めて少ない
と先物トレーダーの石田豪さんは指摘します。

単なる日経225先物トレード説明書でしかなく、実際にトレードをする際に役立たないもの
が大半だということです。

そこで、石田さん自身が日経225先物ミニのトレードで稼げるようになるための「入門書」
を作成しました。

それが「五億道」です。

全くの未経験者でも日経225先物トレードができるようになるだけでなく、1日20円の値幅
を稼ぎ出し、5年後に5億円の資産を構築するためのトレードツールも添付しています。

【文章の続きを開く】

このページの先頭へ