【masa-yumeスペシャル】ナンピン&マーチンゲールで悪夢(?)のFX自動売買システム

masayume

appli03_brack

masa-yumeスペシャルは、ナンピンとマーチンゲールを併用する、逆張りスキャルピング型
FX自動売買システムです。

ナンピンやマーチンゲールという言葉自体にアレルギーを感じるのであれば絶対に使用しない
ほうがいいでしょう。

強いストレスや恐怖を感じた状態で自動売買をさせていても、ついついチェックしたくなって
しまうため、あなた自身の精神状態が日常的に不安定になる可能性が高いからです。

masa-yumeスペシャルは両建ても用いますので、状況によってはカオスに近くなるケースも
考えられます。

ナンピン・マーチンゲールは、資金のパンクさえなければ損を出さない理想的なトレードです
が、一度の損失だけで全財産を吹き飛ばすだけでなく膨大な負債を抱える危険があるからこそ
危険視する人が多いわけです。

実際に、masa-yumeスペシャルのバックテストを見ても、過去2年間で最大ドローダウンは
25%弱、過去6年間だと70%強という数値
です。

なお、この最大ドローダウンが出た時はナンピンポジションが全て救済していますから、実質
的にプラマイゼロに近い状態でポジションを全て清算しています。

その結果、ナンピンロジックでよく見られる右肩上がりの資産グラフになっているわけです。

しかし、ナンピンシステムを動かす時には、やはり、完全放置ではなく、ある程度は目視でも
チェックをしながら必要に応じて作業を行ったほうがいい
と開発者も指摘をしています。

だからこそ「1日5分」の作業というわけです。

具体的には、経済指標の発表直後や為替介入、金融危機や災害発生直後などに起こる荒っぽい
動きの時には自動売買自体を停止させたほうが無難ですし、あえてナンピンをさせて含み損を
増やした上で稼ぐといった意外な手法
もあったりします。

【文章の続きを開く】

このページの先頭へ