【海外の成長国で資産を作る不動産投資法】人口減の大空室時代の日本では将来性ゼロ

kaigaire

>>公開は終了しました<<

日本の人口が減り続けていることは、さまざまな統計資料から明らかになっている事実です。
あなたもニュースなどで知っているかもしれません。

人口が減るのにもかかわらず、日本国内で賃貸物件を所有していることが投資に繋がるのかと
考えると、今日・明日の時点では大きな変化はないとしても、10年後、20年後といったスパン
で行うのが一般的な不動産投資では戦慄さえ走るのではないでしょうか。

現在の物件の中には、老朽化のために取り壊して更地になったり、大地震や台風などの災害や
火事によって消失して消えていくものもあるでしょうが、人口減少のペースにあわせて物件数
が減っていくとは考えられません。

それどころか、いまだに農地や山野がアパートやマンションになったり、建て替えて大規模化
するというケースが珍しくありませんから、総物件数で言えば増加する傾向さえ見られます。

これでは、狭いパイの奪い合いになることは言うまでもありませんから、国内の不動産投資で
勝ち残るためには、今までよりも遥かに厳しい生存競争が繰り広げられることは間違いない

言わざるを得ません。

海外から移民を増やすから問題ないと考えている人もいるかもしれませんが、移民がどのよう
にして生活を送っているのかを知れば、全くと言っていいほど「救世主」にもならない実態

理解できるのではないでしょうか?

ワンルームに10人が住むことも珍しくありませんし、団地などでは外国人居住者が我が物顔で
迷惑行為を繰り広げて他の入居者が全員出て行ってしまって占領状態にあるといったケースは
中国系住民が多い北池袋や埼玉西川口あたりで見られる光景です。

日本だけに限った話ではなく、移民を積極的に受け入れてきたヨーロッパやカナダあたりでは
移民の無法ぶりに、従来からの国民が排斥運動を激化させているという点からも明らかです。

だからこそ、日本国内だけで不動産投資をしているのは自殺行為に近いと警鐘を鳴らすのは、
川邊明さんです。

しかし、日本国外で成長が期待できる地域であれば、どこで不動産投資を行ってもいいという
わけではありません。

日本を抜かして経済規模が世界第2位になったからといって中国で不動産投資を行うのは、今
となっては無謀に近いですし、経済成長が続いているからといって治安が悪かったり法制度に
不備があるというような国では安心して不動産投資を行うことはできません。

海外不動産投資では正確な情報と知識を身に付ける必要がありますが、「海外の成長国で資産
を作る不動産投資法
」を読めば大丈夫です。

川邊明さんのサポートを受けられますし、現時点で有望視されているフィリピンを中心として
実際に不動産投資を始めることも可能です。

このページの先頭へ