【ワンルール・ワンタイム投資法】日経225オプションで月1回年単利35%のトレード方法

1rle1tme

>>公開は終了しました<<

ワンルール・ワンタイム投資法」は日経225オプションを対象として、毎月1回行うだけの
お手軽トレード手法です。

「毎月1回」といってピンと来る人であれば、今までにあなたが知っていたトレード手法より
優れている方法といえるのではないでしょうか。

分からない人にとっては幸運に恵まれた手法だと考えておけば間違いありません。

日経225オプションで破産した人がいるという話を聞いて恐怖感を感じているかもしれません
が、レバレッジを最大限にまでふくらませて、少しでも予想とは異なる方向に動けば大損害を
被るような無茶なトレードをすれば、破産して当然です。

たとえ職業レーサーだったとしても、公道で制限速度を一切無視して爆走すれば必ずといって
いいほどに交通事故を起こすのと同じです。

リスクを考えずに大損失を出した人の例をあげて危険だというのは、サンプルとしては最悪と
言わざるを得ません。

「ワンルール・ワンタイム投資法」という名前の通り、毎月1回、決まった時期に訪れること
が事前に判明しているトレードチャンスに対して、たった1つのトレードルールに従って判断
するだけです。

裁量トレードでありがちな、どちらとも判断できる微妙な状況でトレード判断が求められると
いうこともなく、誰でも同じ結論を導き出せるトレードルールです。

それこそ、FXなどでインジケータの出すシグナルに従ってトレードするくらいに簡単です。

日経225オプショントレードの入門書で必ずと言っていいほどに登場する、デルタやセータ、
ガンマ、ベガなどといった専門用語や複雑怪奇な数式を知らなくても問題ありません。

なお、日経225オプションにかぎらず、全てのトレードで絶対という言葉は通用しませんから
ワンルール・ワンタイム投資法を使ってもトレード勝率を100%にすることはできません。

せいぜい、トレード勝率75%が達成できれば御の字でしょう。

トレードの怖い点は、勝率がいくら高くても、1回の負けトレードで全財産を失いかねないと
いうリスクが存在するという点です。

だからこそ、毎回のように全財産を投入してトレードをするといった無茶をせず、利益と損失
をトレード前に想定して、その範囲内でトレードを行えるように取引することが重要です。

ワンルール・ワンタイム投資法では、この難しそうな損益設定も手順の中に含まれていますの
で、リスクに覚える心配もなくトレードに取り組めます。

このページの先頭へ