【不動産投資 東京攻略法】地方の優良物件を見つけられますか?

tokyore

>>公開は終了しました<<

都会は値段が高過ぎるから地方の高利回りの物件を狙えばいいといった話を聞いたことはあり
ませんか?

もちろん、話自体は嘘でもありませんし、実際に地方で不動産投資を行って成功している人も
少なくありません。

とはいえ、土地勘が全くない場所で不動産投資を成功させるというのは至難の業です。
自由に時間を確保できない副業不動産投資家にとっては更に高いハードルでしょう。

田舎に行くほど保守的・排他的な傾向が見られますから、地元の不動産屋で情報収集をしよう
と思っても、一見さんを相手に適当してたぶらかされたり、嘘を教えられることも珍しくあり
ません。

それに、地方に行くほどに単価の低い物件で稼ぐことは不可能に近くなり、まとまった金額が
ないと手に入らない物件でなければ利益が出ないケースが一般的ですから、特にサラリーマン
大家さんにとっては敷居が高いのではないかと思います。

そこで、不動産投資歴15年という不動産投資アドバイザーの白石清志さんが注目しているのが
東京23区という、一見すると参入の余地がないと思われる激戦区です。

東京23区の物件のほうが地方よりも購入価格が高いのではないかと思ったのではないでしょう
か?

しかし、東京23区と一口に言っても、その全てが何十億円もなければ買えないような物件しか
売られていないわけではなく、老朽化著しいオンボロ物件や不良外国人が多いエリアにあると
いった問題物件でなくても、割安価格で購入できる物件は意外に見つかるものです。

区分物件、一棟、一戸建てと言った具合に、選択肢も広いですし、なにより数十年後に訪れる
ことが確実視されている大空室時代を無難に通過するためには人口が多い首都圏の中でも首都
東京が最も影響が小さい
のです。

このページの先頭へ