【日経225オプション暴落暴騰予測型投資法】SQ直前以外の狙い目はココ

botobork

>>公開は終了しました<<

日経225オプショントレードといえば、SQ直前の特徴的な値動きを狙って行う人が多いと思い
ますが、それ以外にも収益機会を得たいのであれば、日経平均株価が暴騰、もしくは暴落する
タイミングを狙ってみる
のもいいでしょう。

もちろん、毎日のように日経225が暴騰・暴落されてはたまりませんし、値動きが乏しい日も
少なくありませんのでトレードチャンスは多くはありませんが、値動きの大きさがすさまじい
こともあって、急激に損失が膨らむ人もいれば、逆に大稼ぎすることも可能です。

何も考えずに思いつきでトレードをしていた場合には、全く逆の展開もあるということを頭の
中に入れておく必要はありますが、わずか数日間で50万円を2億円にしたり、100万円を3億円
に増やすといったケースは珍しくありません。

これこそ、1年に1回どころか、一生に一度のトレードで十分なレベルではないでしょうか。

億単位の稼ぎが得られるトレードチャンスは1年に1回あるかどうかですが、最大10倍程度の
利益であればトレードチャンスは年間10~40日程度と意外に多く感じるかもしれません。

それ以外の日は、それこそ仕事もせずに、ニート生活をしていても構わないのです。
軽く相場をチェックすれば、後は遊んでいても全く問題ありません。

何度も繰り返しますが、何も考えずに、この稼いだ手法と逆のポジションを持ってしまうと、
数日で億単位の借金も抱える危険
がありますので、正しくトレードを行う必要があります。

その暴騰暴落を活かした正しいトレード手法が学べるマニュアルが「日経225オプション暴落
暴騰予測型投資法
」です。

日経225オプション暴落暴騰予測型投資法では「買い」オプションしか取りませんので、最大
損失はオプションを買った金額までに限定
されます。

追証で借金する心配はありません。

しかし、一般論として、買いオプションはトレード勝率が低く、金をドブに捨てるようなもの
ですから、複数のオプションを組み合わせる時以外、積極的には使われません。

その買いオプションが、暴騰・暴落時には大金持ちへのプラチナチケットに変わるのです。

このページの先頭へ