【ライブトレード225】日経225先物トレードがトレーダー自身がライブで伝える

live225

appli03_brack

ライブトレード225は、feederやスカイプを使ってトレーダー自身が日経225先物トレードの
状況を伝えるというオンライン配信サービスです。

スキャルピングやデイトレードが中心ですが、スイングトレードも行っています。

スイングの場合には頻繁に相場をチェックする必要はありませんから、スキャルとシストレが
メインになっています。

ライブトレード225がどのようなものか、まずは動画でチェックしてみましょう。

もちろん、ひたすら数値を言っているわけではありません。

テレビの株式番組などのように、評論家が相場を解説しているのではなく、実際にトレードを
行いながら説明していきますので、リアルタイムのシグナル配信としても使えますし、疑問が
あればチャット機能で解決することもできる
という有料サービスです。

ライブトレード225では、この生きた相場を使って日経225先物トレードが学べる「学校」と
して使う人が多いことから、単なるトレードシグナルとしてのみ使うのは勿体ない話です。

いろいろと質問したり、知識を取り込んで成長するためのステージとして最適です。

日経225先物は、日中取引とナイトセッションを合わせれば、約17時間程度はトレードできる
わけですが、ライブトレード225では短時間で大きな利益が狙える平日の午前中だけに絞って
ライブ発信しています。

日中取引が始まる直前の午前8時55分から11時30分までの約2時間半がライブトレード225
の配信時間
となっています。

また、祝日がなければ、水曜日を除いた平日がライブトレード225の基本的な配信日となって
います。

【文章の続きを開く】

このページの先頭へ